転職した看護師さんの大きな理由は?

転職を希望する看護師が、勤めている医療機関に退職を切り出すときの理由としては、自分自身のライフステージが変化したため勤務に差支えがある。もっと看護師として上を目指したい、といったキャリアアップを理由とするケースが少なくありません。

こういった理由であれば、波風立たずに円満退社が可能でしょう。しかし、実際にはこういった理由は建前に過ぎず、本音としては同僚とうまくいかない、雇用の条件が悪い、もっと手取りを増やしたい。といったりゆう多いようです。日本の看護の傾向としては、チームを作って動くことが多いのですが、そうなると人間関係がうまくいかない仕事はやりづらく、精神的な負担になってしまうこともあるでしょう。

人間ですからどうしても合わない人間もいるのです。さらに、同じ資格を持った同じ枠の仕事なのに、その医療機関ごとで雇用の条件が大きく違います。同じような勤務でも月々の手取りや退職時の退職金が大きく違えば、やはり転職を考えてしまう要因になるでしょう。

看護師という国家資格を取得してまで就きたかった仕事で転職を考える時には、やはりその場の人間関係や環境を改善させたいと思うのが強いと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。