月別アーカイブ: 5月 2016

1週間で看護師の転職を探す方法

年々看護師資格を取得している方は増加しているものの実際に現場で働いている看護師の方は少なく人手不足に悩まされているようです。つまりその分看護師の需要が高いといえまた最近では高齢化社会ということもあり福祉施設における看護師の需要も同様に増加傾向にあります。

故に看護師の方が就職ないし転職するにあたって他の業種と比較した場合にはその分容易であるということが言えますが更には最近ではインターネット上に看護師専門の転職や求職サイトといったものも多く見かけることができるようになりました。

短期間で就職先ないし転職先を探すにあたってはハローワークだけでなくこうしたサイトを活用するとよいでしょう。こういったサイトの中にはキャリアコンサルタントがいるところもあるために上手く活用すれば一週間で転職先に勤務といったことも可能となるそうです。

他にも希望を伝えるだけでマッチする求人を探してきてくれたり就職にまつわる指導を行ってくれる上に就職先の面接の際には同行してくれるようなところもありますので短期での転職を希望している方以外にも就職や転職に不安を持っている方は是非看護師専門の求職転職サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

転職した看護師さんの大きな理由は?

転職を希望する看護師が、勤めている医療機関に退職を切り出すときの理由としては、自分自身のライフステージが変化したため勤務に差支えがある。もっと看護師として上を目指したい、といったキャリアアップを理由とするケースが少なくありません。

こういった理由であれば、波風立たずに円満退社が可能でしょう。しかし、実際にはこういった理由は建前に過ぎず、本音としては同僚とうまくいかない、雇用の条件が悪い、もっと手取りを増やしたい。といったりゆう多いようです。日本の看護の傾向としては、チームを作って動くことが多いのですが、そうなると人間関係がうまくいかない仕事はやりづらく、精神的な負担になってしまうこともあるでしょう。

人間ですからどうしても合わない人間もいるのです。さらに、同じ資格を持った同じ枠の仕事なのに、その医療機関ごとで雇用の条件が大きく違います。同じような勤務でも月々の手取りや退職時の退職金が大きく違えば、やはり転職を考えてしまう要因になるでしょう。

看護師という国家資格を取得してまで就きたかった仕事で転職を考える時には、やはりその場の人間関係や環境を改善させたいと思うのが強いと言えるでしょう。

病院に転職・再就職する心構え

病院に転職をしたり再就職をする時にはどのように心構えをしておくとよいのでしょうか。まず一つが今まで自分が培ってきた看護師としてのキャリアとはまた違うキャリアを積むことになる可能性が高くなるという点です。

看護記録、看護方式など、実際に働く病院によっては全く異なるものが採用されていることがあります。今まではこうだった、ということにこだわってしまうと、新しい職場に馴染むことが出来なくなってしまう可能性もありますので気を付けましょう。

経験者採用として転職をする、再就職をするという場合には、看護師としての経験が豊富で一通りの看護師としての仕事をこなすことが出来ることを期待されていると考えましょう。新しい職場では即戦力として看護師の仕事をしていくことを求められることが多くなります。

苦手だから、私にはできない。ということが認められないことも多いと考えておく方がいいですね。かといって肩肘を張ってなんでもできますという顔をしているよりは、まずは新しい職場の方法をチェックして馴染むようにしていく方が良いこともありますので、この辺りの見極めをしっかりとしましょう。

子育て看護師の転職の悩み

子育て中の看護師が転職を使用とする時に起こりやすい悩みというのはどのようなことがあるのでしょうか。まず育児支援をどの程度受けることが出来るのかという点です。

例えば今までは育児支援がないような職場だったのであれば、育児支援が手厚い職場を探せばよいということになりますが、これが今までは育児支援が手厚かった職場なのに、他の理由で転職を使用としているときに、今までのような手厚い育児支援を受けることが出来る職場があるのかどうかということで悩むという人が多いようです。

最近では育児支援が手厚い看護師の職場は増えてきてはいますが、必ずしもどの職場も手厚い育児支援を望むことが出来るわけではありませんよね。ある程度の妥協は必要かと思いますが、子育て看護師の場合にはこの育児支援は必要になってきますので悩んでいるという人が多いようです。

子育てとの両立をするためにはこのような支援をしてくれる職場を選ぶ必要はあります、転職後にこんなはずではなかったとならないように、転職する職場を決定する前にしっかりとリサーチをしておく必要があると思います。

看護師の役割とは?

看護師は、医師のサポートをしながら、病気の人のお世話をしていくので、やりがいのある職業です。看護師の仕事の役割を考えるには、医師の仕事を見ていくと良くわかります。医師とは、患者さんと直接接していって、診察から始まり場合によっては手術も行っていきます。

さらに病気が回復したあとのリハビリテーションの具体的な指示をしていくこともあります。ですから医師のサポート役の看護師さんとは、診察中の医師のそばにいて、医師の指示を受けて、患者さんへの注射をおこなったり血液摂取などを行います。

手術中に器具を医師に手渡しする仕事は、重要な役割です。さらに看護師の仕事としては、入院患者さんへの看護がありますが、夜勤しながら夜中も患者さんの様態をチェックしていかなければなりません。夜中でも患者さんに何か異変があれば、医師に連絡して手当ての補助を行います。

なにしろ忙しい医師のサポートが主な仕事ですので、医師の負担を軽くするために本来は医師が行うべきことも看護師ができれば、看護師の仕事となるケースも多いのです。さらに今は高齢化社会が進んできているので、介護の現場での看護師の資格を持った方がしなければならない仕事が増えてきているのです。